足が太いのは、病気が原因だったの?

足太いことは、太ったから、歳を取ったからとも思っていませんか?
確かに、下半身太りしているだけの場合も多いです。

 

ですが、実は病気が潜んでいる場合もあります。

 

例えばリンパ浮腫や下肢静脈瘤などです。

 

あまりにも不自然に足が太い場合や、足がだるい、痛いなどの症状がある場合は、病気の疑いもあります。

 

足太いのは、単にむくみがたまっているせいもあります。
ですが、むくみが症状として現れる病気の可能性もあるので、放置していると危険です。

 

病気以外で、足が太くなる原因については【「足だけが太い!」原因は、たったの3つでした】を読んでください。

 

○リンパ浮腫の可能性
足太い原因は、リンパ浮腫の可能性も考えられます。
リンパ浮腫になると、とにかく足のむくみが目立ってしまいます。

 

ひどいとまるで自分ゾウさんになったかのように手足がむくんでしまいます。

 

むくみのでかたには、個人差も様々なので一概に言えません。
ですが、不自然にむくんできたらリンパ浮腫の可能性が高いです。

 

 

○下肢静脈瘤の可能性
足太いのが症状として出る病気には、「下肢静脈瘤」があります。

 

下肢静脈瘤は、出産を経験した女性のうち2人に一人がなるという統計も出ています。

 

60代以降の年配の女性に多くみられる症状ですが、最近では30代〜の若い人でもなりやすい病気なので油断できません。

 

下肢静脈瘤は、脚を流れている静脈が拡張、あるいは屈曲してコブのようになってしまう病気です。

 

もしも、次のような症状が顕著に現れたら下肢静脈瘤が疑われます。

  • 足が熱い
  • 足がとにかくむくむ
  • ふくらはぎが重い
  • 足がつりやすい
  • 色素沈着が見られる
  • いつのまにか足に潰瘍ができている
  • 足にかゆみがある
  • 足に湿疹ができる

 

むくみを浮腫といっていますが、これは本来血液の中にあるはずの体液が血液の外に出てしまうことを言います。

 

皮下組織に余分な水分がたまってしまい膨張したようになってしまいます。

 

そのため、むくんでしまうと手足がいつもより太く見えてしまうのです。

 

むくみが解消されれば体液は血液中にあり、外には出ていないので体はスッキリします。

 

痩せたい、足を細くしたいというのであれば、まずはむくみがないかチェックしましょう

 

むくみがあった場合には、解消していくことが大切です。
足のむくみの解消法については【足の運動をしたら、むくみが・・・。どうしてなの?】を読んで下さい。

 

病気でない場合には、むくみを改善する方法で、足が太いことは解消されることもあります。

 

朝起きた時にはむくみがなく、夕方頃からむくみが出て来る場合が多いです。
もしも、朝から異常に足がむくんでいたというのであれば、逆に不自然であり病気の可能性も考えられます。

 

 

病気が原因でも、原因でなくても、足がむくんで太く見えてしまうのは、女性にとってはかなり嫌なものですよね…。

 

一般的に男性より女性の方が、むくみやすいと考えられています。
それは、女性の方が筋肉量が少ないからです。

 

男性よりも体質的に筋肉がつきにくい女性は、進んで運動をして代謝率を高め、リンパ液を流していくことが重要です。

 

特に、足は重力の関係もあるので、一番むくみが出やすい部分です。

 

すでにむくみが出てしまっている時は、リンパマッサージをやるとむくみに効果的なので、
適度な運動をやりつつ、マッサージもマメに取り入れてみるといいでしょう。

 

 

ただ単に足が太いと考えずに、病気の可能性もありますから注意してくださいね。